2019.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2019.12.
【小説】小説家になろう 『妹じゃないと言われても!』ラブコメ

 無料ウエブ小説サイト【小説家になろう】 

『妹じゃないと言われても!』ラブコメ Ⓒりんのすけ
 
リンクがうまく貼れないので(PCは右・スマホは下)『リンク』からお願いします。

 ある国に住む騎士ジンとその妹リル。 
16歳になった日、亡き両親にかわり育ててくれた兄に 「お前は血の繋がった妹じゃない」と言われた。 更に「結婚してくれ」とも。 そりゃお兄ちゃんは大好きだけど! いきなり言われても困ります。 ちょっと不幸体質なリル大好き兄と、 しっかり者のリルのドタバタ恋愛?コメディ。 リルは兄(血のつながりはない)を恋愛対象とみれるのか? 友人達は生あたたく見守ります。
# 小説家になろう様・アルファポリス様(R18)に掲載&完結済み。なろう用に直して転載完結済。

    *当サイトの文章・画像等の内容の無断転載 及び無断使用を固く禁じます。
    また、まとめサイト等の引用を厳禁いたします。 Ⓒりんのすけ
スポンサーサイト




( 2019.11.10 ) ( 小説 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
書いた小説が誰にも読まれない 2

  間違って、タイトルだけ書いて保存→そのまま公開にしてしまいました。

慌てて下書き保存に直しました。ランキングの所に新しい記事がもうのってました。
昨日アップしたときは直ぐにのらなかったのにな。(>_<)

 とうとう自分の書いた小説をここに載せました!

 でもそもそもこのブログ、読まれているの?人、来てないし。
・・・・まっ、いいか。

前に書いた小説を少し直して転載しています。
半端になっている小説の続きは少しずつ書いていくつもりです。


何人かの方が読みに行って下さった・・・のか?分かりませんが、
もしそのような方がいらっしゃったら ありがとうございます!
「読まれない」のは単に つまらない からだと思います。
実力をつけて【面白い】と言ってもらえる物語を書きたいと思います。


今、前に書いた小説をR18と全年齢用に移動&区別&別に保存をしています。
無料ウェブ小説サイトの使い分けをしようとしています。
R18はこのサイト、全年齢はこのサイトとか。年内には終わらせたい。

その作業が終わったら、また自分の小説を載せたい&リンクを貼りたい。

 ~と思います。~したい。ばかりですね。
そういえば大掃除もそろそろ始めておかなければ。
あと今年も2か月を切りましたね。

 頑張ります。









( 2019.11.04 ) ( 創作話 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
【小説】セルバンテス より 『夜を越えて』第一話

無料ウェブ小説サイト【セルバンテス】から転載。

『夜を超えて』 
   1,それは唐突に

 
 人の流れに逆らわず歩き進んでいた。
今日は金曜日。人が多い。

終業間際に仕事を押しつけられ急いで終わらせたのは夜の十時。
「くそったれ…」
新宿で上司の顔を思い出し飲んでいたら少し飲み過ぎた。酔い覚ましにフラフラと歩いていた。誰も気に掛けないこの街が好きだ。だが気を付けないと、あっという間にみんな持っていかれる。昔よりは歩きやすくなったとはいえ用心に越したことはない。

「あ、いけねぇ」
目つきの悪い野良猫がいて、つい後を追いかけてしまった。気が付けば雑多ビルの間の裏道に入り込んでしまった。漫画やゲームだと怖い男達に囲まれて、身ぐるみ剥がされるシーンだ。急いでここを離れる。

野良猫はいつの間にかいなくなった。怖い男達も現れず、少しほっとした。



「あ?何処だ、ここ」
裏道を抜けてほっと一息し、辺りを見回すと“木”だ。いや、林?森?
適当に歩いていたら新宿御苑まで着いたか?…いやいや。ねぇよ。

「参ったな。酔いが回ってる訳じゃないのに」
むしろ覚めた。
何で俺は鬱蒼とした森の中にいるのだろう。しかも会社帰りで鞄にコート。俺、ハイキングに来たわけじゃない。訳が分からねぇ。

取りあえず、一服するか。
コートのポケットを探り取り出す。ライターで煙草に火を点ける。フーッ。
「今日も煙草がうまい」
吐き出した煙が、木々の間に消えていく。

しばらくすると冷静になったの来た。取りあえず少し歩いてみるか。森を抜けられるかもしれない。抜けられぬならば元来た道を戻ればいい。煙草を吹かしながら歩き出した。

しかし、新宿御苑じゃないならここは何処だ?そもそも新宿御苑は綺麗に管理されているし、こんな深い森じゃない。どこに迷い込んだ?

「お?」
一本吸い終わった煙草を携帯灰皿に入れる。森を抜けたようだ。
「街ぃ?あーん?」
石畳の道、赤い屋根と白い壁の家。花が咲き乱れている。
おかしいな。俺、夜に蚤に行った筈なのに夕方っぽかった。夕日が見える。
っていうか、ここ日本?

街の中に入って歩いていく。両サイドに色々な物を売っている店がずらりと並び、活気に溢れている。人々は笑顔で通り過ぎていく。服装が皆、白い布のワンピースやシャツとズボンに青の縦線が右と左に肩から下まで入っている。民族衣装か?

荷物を持った商人らしき人や剣を持った旅人は黒いマントやコートを着ていた。俺も黒いコートを着ているから旅人に見えるかも……。

てか、日本じゃねぇーよ!絶対!

「よ!おにーさん、今日採れたての果物はいらないかい?」
果物を扱っている店の男に声をかけられた。見たことのない果物ばかりだ。
「あー、今日この街に着いたばかりだ。遠慮しとくよ」
適当に返事を返しておく。
「おお!旅人かい?ようこそ、ドブルバーグへ!」
果物屋の男からこの街の名前を聞けた。

「って事でリンゴルの実をやるよ!タダだ」ホレっと男が放り投げた実はリンゴに似ていた。片手で受け取り香りを嗅ぐ。
「うまそうだ。有難くいただく」
リンゴに似た香り。
「良き旅を!」そう言い男はニッと笑った。

何の肉か分からないが捌かれて売っていたり、魚らしきもの、野菜、果物と物が豊富にあってたくさん売られていた。人々は皆穏やかな顔をしている。ホント、ここが日本じゃないなら何処だろう。

もらったリンゴらしき果物をかじってみる。
シャクッ……。酸味が強いがリンゴだ。美味しい。喉が渇いていたようだ。夢中で一つ食べてしまった。

日が暮れてくる。
戻った方がいいか?帰れるか?回れ右をして元来た道を歩き出した。

街の入り口まで戻れば森が見えた。
煙草に火を点け、森に入って行った。山火事にならないように火には気を付ける。

コートのポケットに手を入れ煙草を吹かし、足下に気をつけて歩いていく。そういや、小説で異世界に迷い込む話なんかあったな。知らない世界で魔法や剣で戦ったりしたり、チート?だっけ?もらって世界を救ったり。
「ははっ!」思わず笑う。

こんな森に化け物が出てもらった特技で倒したり。……昔はそんな本、読んでたな。働いてから読む暇無くなったし。十代ならまだいいが、三十代働き盛りの男が異世界に迷い込んで何が出来る。
「ふん。早く帰るか」

歩いていくと前方に霧が出て来た。道の左右は深い森。横道にそれたら帰れないだろう。一本道霧の中を進む。

何か映画でみたな。こんな霧の中を進む物語。救われない話だった様な気がするけれと。思い出さないように頭の隅に追いやる。真っ白の中を進む。ちゃんと真っ直ぐ進んでいるといいが。


だんだん霧が晴れてきた。
「お?抜けるか?」
少し早歩きして霧を抜けた。

ガヤガヤと煩い新宿の雑踏に立っていた。後ろを振り向くと森……ではなくて、普通のビル街だった。
「何だったんだ?夢か?」
頭をガシガシとかく。アイホンで時間を見ると十二時。一時間位歩いていたか?

ははっ!ストレスで頭がおかしくなったのか?
クソ。帰るか。

また、人の流れに沿って歩き出した。何事も無かったように駅に向かった。終電近くなので慌てて走り出し定期をポケットから取り出そうとした。
「なんだこれ……」
食べたリンゴの芯が入っていた。
「夢じゃ無かった?」

まわりの人が終電に乗るために走り出している。俺はリンゴの芯をゴミ箱に捨てて走り出した。

第一話 終わり ・・・続く。Ⓒりんのすけ


( 2019.11.04 ) ( 小説 )
書いた小説が誰にも読まれない。

 

 タイトル通り。
誰かが読んでくれれば嬉しい。
あまりにも読まれてなくて半端になっている物語。


  ~~~~~~~~~~

無料ウェブ小説サイト【セルバンテス】

 『夜を超えて』 りんのすけ
https://cervan.jp/story/p/2468 
・うまくセルバンデスさんへ飛ばないので『リンク』からお願いします。(後日直します)

ファンタジー・三十代会社員男性主人公・新宿から異世界へ

 上司に仕事を押し付けられ帰りが遅くなった金曜日。
新宿に飲みに行き、ほろ酔い気分で歩いていたら見慣れぬ場所へ。
「あ?何処だ、ここ」     ©りんのすけ

 ☆注意 無断転載禁止☆







( 2019.11.03 ) ( 小説 ) ( COMMENT:0 )
10月も終わりですね

 しばらく更新してませんでした。書きたい時に書くスタイル。

なんて、カッコいい事書きましたが、単に書けなかっただけです。
また書けそうな時に更新しようと思います。

 Twitterにて(あ、Twitterやっています)、ある方の短編コンテストに参加してまして。
参加募集と投稿が今日までなのですが、なかなか面白いコンテストなのです。
後日、そのコンテストが終わったらそこに投稿した短編小説をこちらに載せようかなと思います。

SNSは色々な情報があふれていて、知りたい情報を入手するのに便利。
同じ趣味の方をフォローして交流すれば楽しいですね。
たまに知りたくない情報が流れてくるのが辛いですが。そんな時は離れます。
病みますから。

今日はハロウィーン。子供達の仮装は可愛いですね(#^^#)
渋谷は人が多そうですね。ハロウィーンの意味は分かっているのでしょうか?
ただ羨ましくもあります。一度くらい仮装をしてみたいな☆彡なんて。

明日から11月。
調子も戻ってきたかな?頑張って物語を書きたいと思います。
たとえ、人に読まれなくとも・・・・。(つら)

気温差が激しくなってきました。寒くなってきましたね。
風邪を引かないようにお気を付けください。



( 2019.10.31 ) ( 日常話 ) ( COMMENT:0 )